日本の象徴

障子の張替えで機能を新しくする

日本古来の建具のひとつである障子は、昔からデザインと機能を備えたすばらしい文化のひとつとして、受け継がれてきているのです。日本の建具の特徴として、メンテナンスをする事で永遠に機能を維持する事ができるという特徴があるのです。障子もそういった特徴をもつ建具で、張替えをおこなう事によって、全ての機能を新しく復活させる事が可能なのです。 障子にはさまざまな効果があり、その中でも日本の気候に合わせたものが多いのです。たとえば湿度調整がそれにあたるのです。日本は湿度の高い国であるため、梅雨の時期などは湿度がたかくなりますし、冬には逆に湿度が低くなり健康に悪いのです。こういった時に障子ならば湿度の調整をしてくれるため、体に優しい建具なのです。

他にはないさまざまな効果

ただし紙を張替えないと、その機能はしだいに落ちていき効果を失ってしまうのです。ですから機能を失う前に、張替えをする事が大切になるのです。また湿度の調節だけでなく断熱効果もあるのです。昔の日本は障子だけの仕切りで暮らしている事も多く、思っているよりも断熱効果は高いのです。太陽の光の半分は障子によってカットできるため、夏は涼しくなり冬は暖かい空気を外に逃がさない効果をもっているのです。 断熱効果もメンテナンスしないと効果は薄れてくるため、張替えして効果を持続させる事が大切です。また障子には他の照明にはできない、やわらかい演出ができるというメリットがあるのです。特に夜に電球色で照らす照明の光と障子は、とても調和しており美しいのです。